1. トップページ
  2. これが私のコンシーラー術

これが私のコンシーラー術

【愛用品】オルビススティックコンシーラー

50代

洗顔後にオールインワンゲルを下地代わりに塗ります。その後、額・頬の左右上下4か所・顎・鼻にリキッドファンデを乗せて伸ばしていき、その上にコンシーラーを置いて、周りを指先でぼかしてから、ティッシュオフ。フェイスパウダーを叩いてから、チーク・アイメイク・ルージュで完成です。

【愛用品】クレドポーボーテコレクチュールヴィサージュs

40代

オールインワンゲルで洗顔後のスキンケアを行ってしっかり保湿をします。そこでコンシーラーでシミやくすみ、クマなどを全てカバーしてから、最後にミネラルファンデーションで軽く粉を叩いてから、あとはシャドウを軽くつけておしまいです。

【愛用品】インテグレート

36歳

洗顔をして、化粧水や乳液などの基礎化粧品をつけてから化粧下地や日焼けどめをつけます。その後コンシーラーで気になる箇所を消してからファンデーションをつけます。その後はチークやアイシャドウ、マスカラなどでメイクをして終了です。

【愛用品】エバビレーナコンシーラー

30代

スチーマーで肌を整えて収れん化粧水その次に化粧水、化粧下地の順番です。下地は脂性肌専用で皮脂を気にせず過ごせるものに限定しています。その次にコンシーラーをのせます。ファンデーションはコンシーラーの場所から塗っていきます。コンシーラーの乾燥を防ぐためです。

【愛用品】ミシャ(韓国コスメ)パーフェクトコンシーラー

30代

洗顔後、化粧水と乳液で肌を整えた後、コンシーラーをクマと頬の広がった薄いシミに指先で伸ばしてつけています。その後、BBクリームを肌にのせ、まんべんに伸ばしています。特にコンシーラーをつけた部分は乾燥するので、あまりこすらないように注意しながらBBクリームを塗っています。

【愛用品】グラファカバーマークオリジナルM2

40代

洗顔→化粧水→乳液→下地→コンシーラー→ファンデーション→おしろいの順にメイクしています。リップのような形状ではなく、蓋付き容器に入ったものですので、指でとってトントンと部分付けしています。周りの肌との境目をぼかすのも大切です。

【愛用品】ちふれスポットメーキャップカバー

40代

普段メイクで使っている物は、化粧水・BBクリーム・コンシーラー・パウダーファンデーション・チーク・アイライナーとアイブロウと保湿リップと口紅を使っています。メイク手順は、化粧水で肌を調えてから、気になるシミなどの部分にコンシーラーを使ってBBクリームを手に取り、丁寧に塗っていきます。その後にパウダーファンーションで整えています。頬にチークを乗せた後に、アイメイクをしていきます。眉から整えていき、アイシャドウを乗せて、最後に口紅で仕上げていきます。まつ毛が基本的に短いので、カールをする時もあるのですが、特別な時だけすることが多いです。

【愛用品】カネボウメディアスティックコンシーラーAライトベージュ

42歳

化粧水、乳液を塗って、日焼け止めを塗ります。その後パウダーファンデーションをブラシで塗り、アイブロウ、アイメイク、口紅を済ませ、最後に全体を見てシミや毛穴が目立つところにたっぷりとコンシーラーをつけます。その後軽く手の指で叩くようになじませて終了です。

【愛用品】キャンメイクカラーミキシングコンシーラー

39歳

基本的には化粧下地の後、コンシーラーで色ムラが気になる部分に叩き込むようにしてつけます。その後ファンデーション、ですね。たまにファンデーションをつけてから、の時もあります。その時はごく少量ですね。ファンデーションがヨレないように気をつけつつつけます。

【愛用品】キャンメイク・カラースティック

20代

洗顔後化粧水や乳液で保湿した後に化粧下地を塗り、その後からコンシーラーを使ってカラーコントロールをしています。その後に上からファンデーションを塗り、パウダーをはたきます。それからアイメイクやリップ、眉などポイントメイクをします。

このエントリーをはてなブックマークに追加